スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交換

今日は朝からフロントのブレーキパッドを交換し、午後からフロントタイヤのローテーションとリヤタイヤの交換をしました
久々に4本アルミを履きました
スポンサーサイト

ニューバッテリー その2

DSC05272-1.jpg
DSC05274-1.jpg

これが今回使用するやつです
最新型で、高性能大容量、このサイズでは、断然トップクラスで間違いないしょう

早速取り付け
DSC05275-1.jpg

序にプラグもワイヤーブラシで擦って磨く
一応チェックランプは点灯しなくなり、スムーズに走るようになったが、たまにバックとかでパワステで負荷をかけるとエンストする

次回はプラグとエアクリの交換だな

ニューバッテリー

ここ一週間前からエンジンが不調である
初めて症状が出たのは一昨年の夏
この時は、3000rpmくらいでカブってエンジンが回らず、燃費も半分くらいまで落ちた
が、原因はエアクリ詰まりだったようで、ノーマルからパワーフロー
更にフィルター交換で問題解消

次は去年の夏
同じ症状で、アクセルベタ踏みでもそれ以上回転が上がらない
取り合えず、手始めにフィルター交換
一時は直ったかに思えたが、今度はチェックランプまで点灯する始末
取説で確認すると、ランプが点灯するのはエンジンか電気系のトラブル
次に疑ったのはバッテリーとプラグとエアフロ
エアフロの配線を延長しているので、その辺をコチョコチョ触ってみると、取り合えずは症状が出なくなったので、そのままにしていた
で、今年の車検の時に、バッテリーレベルが最低レベルだと言われる
2年っ経ていないのだが

1週間前、調子が悪くなり、アクセルベタ踏みでもクリープ状態レベルの加速しかしない
前の軽トラには置いてかれる、後ろは詰まる
で、3000rpmを超えると急加速みたいな(苦笑)
たちの悪い嫌がらせ?
周りからは、遊んでいるようにしか見えなかったであろう
下り坂を利用して加速するも、スピードが乗って来た時に、爺に押しボタン信号赤にされたり、前に車が詰まったり
そこで思い付いたのが、2速でエンジンをブン回す
暫く4000rpmくらいで走ってドライブにすると、直っちゃったよ
しかし、今だにアイドリング不安定及びチェックランプ点灯
明日はバッテリー交換してみよう
これで直れば良いのだが


ブレーキパッド

車検の時に、「リヤのブレーキパッドが1mmしかないので、早急に交換して下さい」と言われた
何故なら、純正のノーマルパッドは使わないので、自分で交換するから
色々物色していて、有名メーカーは高価
で、聞いた事のないメーカーで、良いのを見付けた

新素材のNAO(ノンアスベストオーガニック)
摩擦係数0℃-0.38 400℃-0.47
適正温度域0~450℃
限界温度600℃~

と純正より高性能
お値段2900円とリーズナブル

今まで使ってたのはエンドレスのType-Y
これと比べたら可愛そう
何セット買えるか(笑)

いざ交換
むむ?
お分かりだと思いますが、片側2枚セットです
でも、1枚だけ形が違う
そう、2枚ずつ違うのです
どう考えても入りそうにない
エンドレスは全部同じ形
と言う事で、余分な出っ張りはサンダーでカット
同じ形となりました
カットした部分をペイントして、問題なく取り付け
作動も問題なしです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。