スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰り道

帰り道、↓やつが居ました
20060523200509.jpg
最初は道の脇にいましたが、Uターンして近付くと、ゆっくりと山の中へ
意外と逃げませんね
距離的には3m程度です
じっとこっちを伺ってました
まだ子供のようです
さて、何でしょう?
スポンサーサイト

またまた換水

100L程度の換水をしました
コケも大分減りましたね

シラコその後ですが、完全に水槽に慣れたらしく、みんなに混じってエサパクです
何かきっかけがあるのでしょうか?
今までフローパイプの裏に潜んでいたのが嘘のようです
所狭しと泳ぎ回っています

こんなもんかな?

結局全てにバルブを付けて、流量のバランスを取りました
チャンバーの意味ないっすね(^^;

DSC02628-1.jpg

只今、海水の比重調整中!

チャンバー

前回、試運転の最、チャンバーの溜水量より、落水量の方が多く、チャンバー内がオーバーフロー状態になり、落水にエアーがかんで、非常に煩い状態でした
しかも、最下段3本が激流で(^^;
今回、流入口と排出方法を変更してみました
DSC02532-1.jpg
【旧】右端から流入、チャンバーに溜まった水が各水槽に(筈だった)
   ソケットはチャンバーに半分まで刺さってます

DSC02619-1.jpg
【新】右と真ん中の間、下方向から流入
   チャンバーが満水になると、溢れ落ちる仕組みになっている
   しか~し、左端最下段に集中して超激流になり、もう少しで溢れるところだった
   アブナ~イ!

矢張り、チャンバーは下に付ける物なんでしょうね
また来週改造じゃ~

換水

120L程度の換水をしました
前回の換水で、アクリル面に着くコケは明らかに減りました

DSC02622-1.jpg
あとは石に着いた糸状のコケ
タワシで擦るしかないのかのう

余談
イソギンチャクを背負ったヤドカリは居ますが、コケ取り貝を背負ったヤドカリです(笑)

DSC02621-1.jpg

シラコダイ

先日採集したシラコダイですが、今日粒エサを食べるのを確認しました
第一段階終了でしょうか?
水槽にも慣れてきたのか、積極的に全面に出て来るようになりました

サンプ

最製作しました

DSC02589-1.jpg
外見は見た目大して変わってません
しいて言えば、17mmカットして、高さを下げました

今回の変更点は、底にパンチングのスノコを入れた事と、ウールボックスの追加です
DSC02588-1.jpg

ウールボックスです
ゆきちん宅よりくすねて来ました(爆)
DSC02590-1.jpg
これもスノコがなかったので、製作しました

DSC02591-1.jpg
こんな感じになりました

下敷き用のステンレス枠台も製作していたのですが、使用すると配管の高さが合いませんでしたので、ステンレス板を敷いて、地下置きにしました
勿論水槽台の下に納めるなんて不可能です

今日も換水

今日も換水しました
この水槽も200リッター程度です
今回はこれ↓
DSC02556-1.jpg
マリンテックのシーライフです

序にサンプからカクレとサンゴイソギンを移動しました
DSC02562-1.jpg

DSC02565-1.jpg

換水

相当久しぶりの換水です
200リッター程度の交換しました
今回使用したのは↓です
DSC02538-1.jpg
レッドシーのコーラルプロソルトです
勿体無いので、これはこの水槽専用です
このバケツ、空になったら採集に使えそうです
大きさもベストです
使用感ですが、溶けが悪いですって言うか、大き目の粒が残ります

比較
DSC02552-1.jpg
レッドシー・コーラルプロソルト
全体的に粒が粗いです

DSC02548-1.jpg
マリンテック・シーライフ
粒は普通です(基準はなんでしょ)
こちらの方が溶けが良いです

過去の使用暦
マリンアート
マリンアート(無脊椎専用)
マリンアート(苔抑制)
インスタントオーシャン
ヴィーソルト
シーライフ
プロソルト
一番溶けが良かったのはマリンテック・ヴィーソルトです

フタを開けると、オマケで↓が入ってました
DSC02541-1.jpg


話は変わりますが、昨日エアコンが壊れました
電源を入れて暫くすると、室外機の電源だけ落ちます
今日、急遽網戸を買ってきて入れました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。