スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プランター

畑に植える所が無くなってきたので、場所確保の為に大型プランターを製作しました

材料は↓な感じで桧材です
P2230001.jpg

P2230002.jpg
売り物にならないようなやつなので質はよくないです
タダなんで

P2230004.jpg

P2230005.jpg

P2230006.jpg
一番長いヤツ(200×330×3000)と短いヤツ(200×330×1750)を作りました
取り合えず、あと3個は作ります
スポンサーサイト

こんなのも植えてました

P2170019.jpg
ブラックベリー(ジャンボ)

P2170021.jpg
ブラックベリー(ボイソンベリー)

P2170020.jpg
ラズベリー(インディアンサマー)

スイカ

種を植えて早20日ほど経ちました
丁度半分くらい芽を出してます

P2170016.jpgP2170018.jpg

大分育ちましたが、冬場の太陽は低いので、光に向かってもやしのように伸びました
植える頃までには大分育ちそうです

ジャガイモ

1月末から土作りを始め、今日植えました
今回植えたのは↓
P2170001.jpgP2170008.jpg
インカのひとみ 1Kg

特徴
「インカのめざめ」の自然受粉種子の中から選抜したもの
インカのめざめより一回り大きく収量性も優れている

橙黄色の品種として「インカのめざめ」が育成されてますが
極早生で収量性が低く休眠期間が短すぎるなどの欠点があります

インカのひとみは、これらの改善をねらって育成されたものが、
いもの皮は赤を基本ににしていますが目の部分のみ黄色で、めがねか瞳のように
見えることから「インカのひとみ」と命名された

・形は倒卵形、皮は淡い赤、目の周辺は黄褐色、カロテンを多く含み
 身はオレンジ色

・中間質からやや粘質で、舌触りはごくなめらか、ナッツや栗に似た
 風味がある、煮くずれが少ないので煮物に向く。

 皮むき後の褐色・調理後の黒変も少ないので、美しい色を活かした
 料理にも最適らしい

P2170003.jpgP2170009.jpg
ノーザンルビー 1Kg

特徴
紫肉品種「キタムラサキ」の開放受粉種子より選抜された

「インカレッド」の肉色に比べ切断面全体が赤色で色むらが無く、アントシアニン色素(主要成分:ペラニン)の含量は2mg/g程度である

「インカレッド」に比べて枯凋期は早く、茎は短く、そう性は直立のため、栽培管理がしやすい

「インカレッド」に比べ収量は多く、平均1個重は大きく、内部異常が少ない

用途は調理用で、「インカレッド」に比べてでん粉価が高く、16%程度と適正であるため、加工時の歩留りが良く、調理加工適性も改善されている。
ジャガイモシストセンチュウに対し抵抗性である

皮も中身もきれいなピンク色のじゃがいも「ノーザンルビー」です
アントシアニンを多く含み、調理後も色が落ちないのが特徴です
マッシュポテト・ビシソワーズにすると絶品らしい

P2170011.jpg
60個植えました

スイカ

種植えをしました
グラウンドが24粒、ミドルが16粒
今回は早い目と言う事で、気温もまだまだ低いので、外のビニールハウスではなく、
水槽小屋の窓際で日が当たるように置きました
去年は4月に植えたんですが、外のビニールハウスで1ヶ月も掛かってしまい、大失敗
流石に温度管理すると4日で芽が出ました
でもね、上に向かって伸びずに窓に向かってるんですけど

シイタケ

今日は早朝からシイタケの菌入れをしました

P2020009.jpg

1000駒入れたんですが意外と本数は少ないですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。