スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタハラ

今日、エサやりをしてる時の事なのですが、突然バチバチバチという音とともに、250Wのメタハラが消えてしまいました
ガラス面に煤のようなものが付いており、嫌な予感はしたのですが、30分後にスイッチを入れてもやはり点きませんでした
ばらしてみると、↓な事に
DSC03722-1.jpg

DSC03723-1.jpg
電極部分が熔けちゃいました
中古購入ですが、まだまだ使えるやつでした
アストロビーム球って新品で買うとめちゃ高いんですよね

原因ですが、本体側のFC2ソケット電極の接触不良でショートしたようです
何故そうなったか?
それは↓
DSC03726-1.jpg
これがFC2ソケット
作りが雑いのか、左側のは歪んでます

DSC03728-1.jpg
その中の電極部分ですが、普通はバネみたいなもので、こんな感じに閉じてます
メタハラ球は、吊り下げてる感じになるので落ちないように挟んでいるのでしょう

DSC03729-1.jpg
で、そのバネが酸化で朽ちたのか、はたまた熱で熔けたのか
それで電極が開いてしまい、接触不良でショートしたようです

DSC03730-1.jpg
こんなになりました

FC2ソケットは、普通に買ったら1セット1万円くらいする
ヤフオクなら1個2500円1セットでも5000円
それより球の方がイタイ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。